歯周病で歯を失ってしまう前に

歯周病は日本人の成人のうち約8割が患者もしくは予備軍であり、歯を失う原因の第一位でもある病気。国民病とさえ言われています。治療をしてもその後のコントロールがうまくできないと、再発する可能性が高く注意が必要です。当院では、口腔内環境を健全に維持することで歯周病を遠ざける「予防」に重点を置いた治療を行っています。

歯周病とは

歯周病は虫歯と同じく、歯垢(プラーク)内部に潜む歯周病菌を原因とする感染症。歯周病菌が歯ぐきに炎症を起こすことからはじまりますが、進行すると顎の骨まで溶かし、最終的には歯が抜け落ちてしまうことがあります。恐ろしいのは、自覚症状がほとんどないまま進行すること。歯周病の症状に気がつくころには、すでに手遅れであることが少なくないのです。

次のような症状は歯周病のサイン。心当たりがあれば、お早めに当院へご相談ください。

歯みがき時に歯ぐきから出血がある

起床時にお口の中がネバネバする

歯がグラグラする

口臭がひどい

歯ぐきが腫れている

歯ぐきが赤・紫色に変色している

歯が長くなったように見える

歯ぐきから膿が出る

歯周病と全身の健康

近年の研究によって、歯周病菌が全身のさまざまなトラブルの原因であることがわかってきています。次のような命に関わるような重篤な疾患を招くことがあるため、充分な注意が必要です。

狭心症・心筋梗塞・心疾患 糖尿病 誤嚥性肺炎・呼吸器疾患
歯周病菌が血管内に侵入すると、血管内で炎症を起こし、血栓を作りやすくなります。 歯周病は血糖値コントロールに悪影響を及ぼすため、糖尿病との関連が深いということがわかっています。 歯周病菌が口腔内から気管や肺へ侵入し、炎症を起こすことで肺炎や呼吸器疾患を引き起こすことがあります。
早産・低体重児出産 アレルギー疾患 骨粗しょう症
歯周病菌が陣痛にも似た子宮の収縮を促すことから、妊娠中の歯周病へは注意喚起がされています。 歯周病は免疫にも深く関係する病気。細菌感染に対する感受性を高め、アレルギーを引き起こすと考えられます。 歯周病に罹患した閉経後の女性は、骨粗しょう症の発症率が高くなるという報告があります。
しっかりとした検査に基づく治療

当院では歯周病治療のため、そして歯周病が深刻になる前の予防を適切に行うために、次のような歯周病検査を行っています。歯周病の心配がある方は、ぜひお気軽にご相談ください。

歯周ポケット検査

歯周ポケット検査

「プローブ」というものさし状の器具を用いて、歯と歯ぐきの間の溝(歯周ポケット)の深さを調べます。深ければ深いほど、歯周病が進行しています。
歯の揺度検査 ピンセット状の器具で歯をつまんで動かし、グラつき方を調べます。グラつきが大きいほど、歯周病が進行しています。

レントゲン検査

レントゲン検査

顎の骨の状態をレントゲン撮影で調べます。骨密度が低いほど、歯周病が進行しています。

バナペリオ

バナペリオ

歯垢(プラーク)を採取し培養することで、歯周病菌が口腔内にどれくらい存在しているかを調べます。痛みもなく、すぐに結果がわかる検査システムです。自費(2,000円)となりますが、歯周病について真剣に考えていらっしゃる方には、おすすめの検査です。
当院の歯周病治療

歯周病に対するもっとも基本的で重要な処置は、口腔内から歯周病菌が生息する歯垢(プラーク)や歯石を除去すること。特に、歯石は歯の表面に固く付着しますので、ブラッシングでは除去することができません。当院では、さまざまな手法を用いた歯周病治療を行っています。

歯垢(プラーク)・歯石除去
スケーリング
超音波振動を利用した超音波スケーラーで歯石除去を行います。痛みを感じさせることなく、効率よく除去することができます。

歯周ポケット掻爬(そうは)術

歯周ポケット掻爬(そうは)術

軽度歯周炎の場合に行う処置です。歯周ポケット内部にこびりついた歯石やプラークを除去します。処置時には歯ぐきに麻酔を行います。
フラップ手術 重度の歯周病の場合に行う処置。歯ぐきを切開して歯の根を露出させ、感染した歯周組織、歯の表面にこびりつく歯石やプラークを除去します。必要に応じて歯周組織の再生治療も行います。

レーザー治療

レーザー治療

歯周ポケット内部の歯石除去にレーザーを活用しています。複数のレーザーを使い分けることで、歯石をやわらかくして、除去しやすくします。無痛効果が期待できるため、麻酔も不要です。
  • ページのトップへ戻る