失った歯の機能を回復させる~インプラント・入れ歯~

歯を失ってしまった場所をそのままにしておくと、さまざまなトラブルを引き起こします。そのため、歯を失った場合はその機能を維持するための「補綴(ほてつ)治療」が必要になってきます。

当院では、患者さんの置かれた状況、歯を失った原因、今後の健康維持についても充分に考慮し、適切な補綴(ほてつ)治療をご提案します。院内には歯科技工士が在籍しているため、充分な連携をとって、患者さんのご希望に沿った歯科技工物をご提供しています。また、製作にかかる時間も短縮できることから、歯がない期間をできるだけ短く抑えることも可能です。

失ってしまった歯を放置してしまってお困りの方、現在ご使用の入れ歯が合わない、もっと別の治療法を検討したいという方は、ぜひ一度、当院へご相談ください。

失くした歯を放置するリスク

歯を失ったことで生じるリスクとして、まず考えられるのは「見た目が悪くなること」ではないでしょうか? 前歯でなければわからないからと、歯がないまま放置されてしまう方もいらっしゃいます。しかし、歯を失ってしまうことは、見た目だけでなく、体のさまざまな部分に悪影響を及ぼすリスクがあるのです。

失った歯を放置して生じることのあるトラブル
  • 咬み合っていた歯が伸びてくる
  • 失った歯の両隣が倒れこんでくる
  • 咬み合わせが乱れガタガタになる
  • 顔の輪郭が崩れてくる
  • 咬み合わせの乱れによる肩こりや頭痛、顎節症、しびれなどを引き起こす
  • 歯のケアがうまくできなくなり虫歯や歯周病が進行する
  • しっかり咬んだ食事ができず胃腸など消化器へ負担がかかる
  • しっかり咬めないことで、洗浄力があるだ液の分泌が減る(口腔内環境の悪化)
  • 息漏れが起こり発音障害が出てくる
  • 咬むことによる脳への刺激が減り老化が進む

このように、歯を失うことによって生じるトラブルはたくさん考えられます。また、1本の歯を失ったまま放置することで他の歯への負担となり、次々と歯を失ってしまうことすらあるのです。たった1本と軽く考えず、歯を失ってしまったら、早めに歯科医院で治療をしましょう。

補綴(ほてつ)治療の種類

現在の日本では、歯を補う補綴治療として次の3つの方法があります。補綴(ほてつ)治療の際は、お口の状態に合わせて適切な方法を選択することが大切です。それぞれの特長をよく理解し、適切な治療を検討するようにしましょう。

入れ歯(義歯)

もっとも一般的な治療法で、どなたでも治療が受けられることが最大のメリット。保険適用であれば、安価でかつ早く入れ歯が作れます。取り外し可能であることがほとんどですので、お手入れもご自身で簡単に行えます。ただしお口に合ったものを作らなければ、すぐに外れたり、口腔内に痛みや傷が生じたりすることもあります。

ブリッジ

失った歯の両隣の歯を支えとする治療法です。保険適用での治療が可能です。しかし、両隣の健康な歯を大きく削り支えとするため、歯への負担が大きいのがデメリット。食感や味覚については天然歯とほとんど同じですが、食べかすがつまりやすいため、口腔内が不衛生になりがちです。

インプラント

チタン製の人工歯根を顎の骨に直接埋め込み、上部に人工歯を装着します。1本から独立して治療ができることから、周囲の歯への負担が少なくすみます。また、顎の骨と結合することから、天然歯のようにしっかり咬むことができます。外科的手術が必要とされ、自費診療となりますが、それを補うほどの魅力を持つ治療法として注目されています。

三宅歯科医院の補綴治療の取り組み

インプラント治療への取り組み

インプラント治療はさまざまなメリットがある治療法ですが、外科的手術が必要とされるため、精密な検査、正確な診断、確かな技術、そして細菌感染への充分な配慮が必要とされます。また、インプラント治療後に起こりやすいインプラント周囲の心配もあるため、治療後の定期的なメインテナンスが大切です。

三宅歯科医院のインプラント治療の特長

  • 正確な診断のためCTスキャンを利用します
  • サージカルガイドを用い、インプラント埋入時の安全と正確さを確保します
  • 局所麻酔や笑気ガスを用い、痛みの少ない処置を行います
  • 抜歯即時インプラント(※)にも対応しています

※抜歯即時インプラントとは?
抜歯したタイミングでインプラントを埋入する特殊な治療法です。歯ぐきの切開や剥離をせずに埋入することができることが多く、痛みや腫れが少なく済みます。
治療時の体への負担が少ないだけでなく、治療期間の短縮も可能。骨量が充分にある、歯周病にかかっていないなど、いくつかの条件を満たしている必要があります。

入れ歯治療への取り組み

入れ歯はもっとも多くの方に選択されており、また、保険適用されるため安価に作製することができます。しかし、保険で作る入れ歯は素材がレジン(歯科用プラスチック)に限定されており、機能面で充分満足できるものを作るのには限界があります。近年は、多種多様な素材やタイプから選択できる、自費の入れ歯の技術が発達してきています。当院では、自費での入れ歯づくりにも対応しております。お気軽にご相談ください。

対応可能な自費の入れ歯の例

金属床

金属床

保険適用されるレジン床義歯の最大の欠点である、床が厚くなってしまう問題を解消した入れ歯です。床が金属であるため熱伝導もよく、食べ物の温度が感じやすいのがメリット。頑丈で壊れにくい入れ歯が作れます。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

金属バネのない部分入れ歯です。見た目にも目立ちにくく、支えとする歯への負担を軽減することができます。

マグネットデンチャー

マグネットデンチャー

残った歯根に磁石を埋め込み、入れ歯を磁力によって固定する入れ歯です。取り外しが簡単であるにもかかわらず、しっかり固定されることがメリットです。

【入れ歯を快適にお使いいただくために~お手入れのアドバイス~】
入れ歯は、第二の自分の歯。毎日使うものですから、大切にお手入れをしましょう。素材や用途によってお手入れ方法はさまざまですが、ここでは、一般的な入れ歯のお手入れのポイントをご紹介します。

  • 食後や就寝前には、天然歯のケアと同じタイミングで入れ歯もお手入れしましょう。
  • 入れ歯は外してお手入れしましょう。
  • 専用ブラシで細部まで丁寧に、やさしく洗浄しましょう。部分入れ歯は、バネの付け根が汚れやすいので特に丁寧に。
  • 市販の歯みがき剤は研磨剤が入っているため、入れ歯を傷つける可能性があります。入れ歯のお手入れには使用しないでください。
  • 入れ歯洗浄剤を使用することもよいでしょう。効果的に細部まで除菌できます。取扱説明書をよく読んで、適切に使用してください。
  • 就寝時は入れ歯を外して、お口も入れ歯も休ませてあげましょう。入れ歯は水を入れた容器に浸けて、乾燥を防いで保管してください。
  • 就寝時の装着については、歯科医師にご相談ください。
  • ページのトップへ戻る