白く健康的な歯で自分らしい笑顔に~審美治療・ホワイトニング~

審美治療とは、お口の見た目と機能を改善するための診療メニューです。銀色の詰め物(インレー)・被せ物(クラウン)を白いものにすることで、自然な口元を手に入れることができます。ご自身の歯の色を白く美しくしたいという方には、歯を薬剤を使って白くするホワイトニングがおすすめです。

当院の審美歯科では見た目の向上とともに、歯や口腔内の機能性を高めることを重視した治療を行っています。院内に歯科技工士が在籍していることから、患者さんのご希望をしっかり反映させることができ、また、時間短縮も実現しています。歯の見た目について気になっていること、疑問などありましたら、当院へお気軽にご相談ください。

歯を白くキレイにするための素材・処置

オールセラミッククラウン・インレー

オールセラミッククラウン・インレー

オールセラミックは文字通り、素材のすべてにセラミックを使用したものです。金属にも劣らない強度がありながら、透明感を持つ美しいインレー・クラウンが実現します。ご自身の周囲の歯に合わせた色調整が可能で、自然な仕上がりとなります。

ハイブリッドセラミックインレー・クラウン

ハイブリッドセラミックインレー・クラウン

セラミックにレジン樹脂を混ぜ合わせた素材です。オールセラミックの硬すぎるといった欠点を補い、割れたり咬み合う歯を傷つけたりする心配が軽減されています。奥歯などの力が強くかかる部分にも使用が可能です。

メタルボンドクラウン

メタルボンドクラウン

内部が金属で、表面にセラミックを焼き付けた被せ物(クラウン)です。金属の強度を保ちながら、セラミックの美しさを両立しています。強さが必要な箇所への使用に適しています。ただし、金属アレルギーのある方にはおすすめできません。

ファイバーコア(メタルコアとの比較)

ファイバーコア

金属製のコア

クラウンを被せる際に、歯の土台となるコアを埋め込む必要があります。通常、金属のコア(メタルコア)を使用しますが、被せる素材によっては金属が透けて見えることで審美性が劣ることがありました。また、柔軟性がないために神経を取った歯が折れるといったトラブルも心配されます。これらの欠点をカバーするのが、グラスファイバー製のファイバーコアです。

セレック4.0

セレック4.0

セラミックを使ったクラウン・インレーを、医院内で製作できるシステムです。お口の中を3Dカメラで撮影し、そのデータをもとにクラウン・インレーを設計。その後、セラミックブロックをレーザーで削り、クラウン・インレーを削り出します。従来の人工歯の製作では数日のお時間をいただいていましたが、セレックでは最短1日で製作が完了。型取りが不要で麻酔は1回のみ、治療費も比較的安価と、さまざまなメリットが実現できます。

セレック4.0のメリット

メリット1 最短1回で治療完了

歯型の採取の必要がなく、撮影した画像を使用してコンピューター上での設計とセラミックの削り出しがスピーディーに行えるので、最短1回という短い治療期間が可能になります。

メリット2 麻酔は1回のみ

麻酔は初回の処置時1回のみ。
必要以上に回数を重ねることがないため、麻酔注射が苦手な方でも安心して治療していただけます。

メリット3 歯型取りが不要

お口の中に専用の材料を入れて行うため、歯の型取りはいりません。
セレック4.0のセラミック治療なら、不快に感じられる方も多い歯の型取りが、口腔内の撮影だけで済みます。

メリット4 患部の汚染がない

通院期間が長くなると、患部に雑菌などが入り、汚れたり炎症を起こしたりする可能性があります。
即日で詰める・被せる段階まで治療が完了するセレック4.0なら、患部が衛生的に保てます。

メリット5 治療費用を抑えられる

歯型の採取と技工士による人工歯作製が不要なので、短期間で作製できて治療費用を抑えることが可能です。

メリット6 審美性と健康性が高い

天然歯に非常に近い白さと透明感を備えたセラミックを使用するため、変色の心配もありません。
また、金属を使わないので金属アレルギーのリスクもなく、体に優しく見た目にも美しい状態が保つことができます。

ホームホワイトニング

マウスピースに薬剤を注入

お口に合わせて作製したマウスピースに、比較的低濃度の薬剤を注入し、一定時間装着することで歯を白くしていく方法です。ご自宅で好きな時間にでき、通院回数が少なくすむのがメリットです。数週間と白さを実感するまで時間がかかりますが、根気強く取り組むことで、後戻りの少ない白さが手に入ります。

オフィスホワイトニング

レーザー光を照射して歯を白く

歯科医院で専門家の手によって施術するホワイトニングです。高濃度の薬剤を歯の表面に塗り、レーザー光を照射して歯を白くします。短時間に理想的な白さが手に入る一方、後戻りが早いのがデメリットです。

当院のオフィスホワイトニング「ポリリンプラチナホワイトニングシステム」

当院のオフィスホワイトニングでは、歯の着色汚れの原因になる「ステイン」の除去に効果的な「分割ポリリン酸Na」を使った、最先端の「ポリリンプラチナホワイトニングシステム」を導入しています。ポリリンプラチナホワイトニングシステムは、従来のホワイトニングに比べて痛みが少なく、短期間で施術が終わることが特徴。短期間で理想的な白さを実現します。

当院のオフィスホワイトニング「ポリリンプラチナホワイトニングシステム」

「ポリリンプラチナホワイトニングシステム」の治療前・治療後

  • 従来のホワイトニングとポリリンプラチナホワイトニングシステムの違い
ポリリンプラチナホワイトニング   従来のホワイトニング
透明感と白さが手に入る 効果 白くなるが透明感を失う
痛みがあまりない 施術 痛み・しみを感じることがある
透明感と白さが長持ちする 持続性 施術直後は色戻りしやすい
歯質が強化されて虫歯や歯周病に
なりにくくなる
保護力 施術方法や回数などによっては
歯にダメージが残ることがある
施術直後からコーヒーやカレーなどの飲食が可能 お食事 施術直後は色素が付着しやすいので
食事制限が必要
1日に複数回施術可能 施術時間 施術後は2~3週間ほど期間をあける必要がある

より手軽に、そして安全に歯を白くできる「ポリリンプラチナホワイトニングシステム」は、歯の表面を保護する効果もあるので、施術後の色戻りも少なく、さらに虫歯や歯周病の予防にも効果的です。「ホワイトニングをしたけど理想の白さにならなかった」「施術直後は白かったのにすぐ色戻りしてしまった」という方は、お気軽にご相談ください。

デュアルホワイトニング

ホームホワイトニング

オフィスホワイトニン

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用する方法です。オフィスホワイトニングで手に入れた理想的な白さを、ホームホワイトニングによって持続させます。お互いの欠点を補う理想的なホワイトンングです。

ガムブリーチ(レーザー)

ガムブリーチ(レーザー)

歯ぐきの黒ずみを健康的なピンク色にする方法です。レーザーや薬剤を用いる処置を歯科医院で行います。個人差はありますが、処置後1週間程度で、黒ずみの改善が期待できます。

メタルフリー治療をおすすめします

金属素材が身体におよぼす様々な影響

口腔内の金属素材

「歯や歯ぐきが黒ずんでいる」「治療してもまた虫歯になってしまう」「アレルギー症状が出てきた」。このような症状がある方は、口腔内の金属素材が原因かもしれません。

金属素材のデメリット
歯や歯ぐきの黒ずみ 銀歯など被せ物の金属が溶け出し、歯や歯ぐきが黒ずみます。これは治療しても改善されないことが多く、メタルタトゥーと呼ばれています。
何度も再発する虫歯

歯につける被せ物は、歯と金属の間を歯科用セメントで固定します。セメントは噛み合わせの力や経年劣化によって少しずつ破損し、そのすき間から虫歯になってしまうことがあります。

また、金属が電気を帯び、汚れがつきやすいことも虫歯の原因になります。

金属アレルギー

金属イオンが口の中で少しずつ溶け出し、血液中に入り込むと体内に蓄積されていきます。人によっては金属アレルギーになってしまうことがあります。

また、見た目は白い被せ物歯であっても、その土台が金属でできている場合があるので、注意が必要です。

セラミック治療でお悩みを改善できます

当院では、上記のようなお口の中の金属素材が引き起こす問題を改善するため、メタルフリーのセラミック治療を推奨しています。

セラミック治療のメリット
  • 永久的に歯や歯ぐきが黒ずむことがない
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 見た目が自然な仕上がりに
  • セラミックには吸水性がなく、長期的に使用しても変色しない
  • セラミックは天然歯と同等の硬度なので、噛み合わせの歯を傷付けることがない
  • 接着させる歯科用セメントは硬く溶けにくく、すき間ができにくいので虫歯になりにくい
  • セラミックは身体になじみのよい素材なので、歯ぐきが痩せにくい

また、当院ではセラミック治療に「セレックシステム」を採用しています。従来の治療の通り、まず金属をはずして虫歯を除去しますが、歯型を取ることはありません。最先端の3D光学カメラでお口の中を撮影した画像をもとに、コンピュータで被せ物や詰め物を作製するので、歯科技工所に依頼する期間を省け、最短でその日のうちに治療が終わる場合もあります。

現在、お口の中の銀歯などに不安のある方、メタルフリー治療にご興味のある方は、ぜひ当院へご相談ください。

  • ページのトップへ戻る