お子さんの大切な歯を虫歯から守るために~小児歯科~

生涯にわたって自分自身の歯を使い続けることは、健康で豊かな生活の助けとなります。しかし、乳歯が生え始める生後半年くらいから、虫歯になるリスクは生じます。さらに、乳歯の虫歯は永久歯の生え方や歯列の正常な発達にも影響を及ぼすのです。お子さんのお口の健康を守るためには、歯が生えはじめた時からの細やかなケアが重要。そしてそれは、親御さんはじめご家族の協力なくして成立しえないものなのです。

三宅歯科医院では、乳歯の時期から虫歯にならないための予防を大切に考えています。また、当院では、まずお子さんと仲良くなることを最初の目的にしています。歯医者嫌いにならないよう、嫌がる子を押さえつけるようなことや無理やりの治療は行いません。お子さんの歯のこと、お口のことで気になることがあれば、何でもご相談ください。

三宅歯科医院で受ける小児歯科治療

食育

お子さんの歯を虫歯から守るために、生活の中でも重要な「食事」に注意しましょう。当院では、食育の一貫として、食事やおやつについての簡単なアドバイスを行っています。適切な生活習慣・食生活を身につけることが、お子さんの健康な口腔内環境の維持に役立ちます。

妊娠中の方の歯科治療

妊娠中の方は、普段よりお口の衛生状態を健全に維持しておくことが大切。特に、妊婦さん特有の歯周炎は、お腹の赤ちゃんにも影響するトラブルを招くことがあるため要注意です。当院では、妊娠中期(安定期)に入った方の治療に対応しています。ご予約時・ご来院時には、必ず妊娠中であることをお伝えください。妊娠初期や後期でも、緊急の場合は対応可能ですので、まずはご相談ください。

三宅歯科医院の小児歯科治療

歯みがき指導

歯みがきの仕方は、歯の生え具合はもちろん、お子さんの年齢や発達段階に合わせる必要があります。当院の歯みがき指導では、お子さんの年齢に合った歯みがきの仕方をご指導します。親御さんの仕上げみがきのポイントについてもご説明します。

年齢に合ったお口のケアを~三宅歯科医院のワンポイントアドバイス~
授乳期 舌にミルクなどが残り、白っぽいかすがたまることがあります。ぬるま湯で濡らしたガーゼなどで軽く拭きとってあげましょう。
乳歯が生えてきたら 離乳食やミルクの後は、歯についた汚れを布やガーゼで軽く拭きとってあげましょう。
1歳くらいから 歯ブラシの感触に慣れるよう、自分で歯ブラシを持たせてあげてお口に入れる練習を。もちろん、親御さんが仕上げみがきをしっかりとしてあげましょう。
3歳くらいから 自分でブラッシングできるよう練習をしましょう。自分でみがくことはまだまだ難しいですから、親御さんの仕上げみがきを丁寧にしっかりと。
5歳くらいから 毎食後の歯みがき、就寝前の歯みがきの習慣を身につける時期です。親御さんの仕上げみがきで最終チェックを。
6歳臼歯(奥歯の永久歯)が生え始めたら 永久歯は奥歯から生えてきます。これを6歳臼歯といいます。食べかすがたまりやすく虫歯になりやすい歯ですから、しっかり歯みがきをしましょう。シーラントなどの予防処置もおすすめです。
シーラント

奥歯の深い溝には食べかすや虫歯菌が入り込み、虫歯になりやすくなっています。あらかじめこの溝をレジン(歯科用プラスチック)で埋めることで、虫歯を予防します。歯みがきが上手にできないうちは、シーラントが効果的です。

フッ素塗布

歯の表面にフッ素を塗り、虫歯への抵抗力が弱い乳歯や生え始めの歯を強くします。予防効果を持続させるため、定期的に塗布することが大切です。

過剰歯の抜歯

本来生えてくる本数以上の歯が生えてくることがあります。これは乳歯でも永久歯でもなく、過剰歯と呼ばれます。他の歯への影響がなければそのままにしておくことができますが、たいていの場合、何らかのトラブルの原因となるため抜歯する必要が出てきます。

小児の矯正

大人になってからの矯正も充分可能ですが、顎や骨格の成長に合わせて適切な処置ができていれば、その後、矯正が必要になった時にも、抜歯の必要性が抑えられ最小限の負担ですむことが多くあります。小学生~中学生くらいの時期に行えると、高い効果が期待できます。

レーザー

安全性が高いレーザー治療器は、お子さんの歯の治療や、麻酔が使えない妊娠中の方にも安心して使用できます。痛みを抑え治癒を促進させる効果のあるレーザーを、さまざまな場面で適切に活用しています。

  • ページのトップへ戻る