虫歯は確実な治療で再発を予防しましょう

虫歯は、お口のトラブルの代表格。歯垢(プラーク)の中に生息する虫歯菌が、食べかすに含まれる糖分から酸を出し、歯を溶かしていく病気です。一度虫歯になると、治療しても再発するリスクが残ってしまいますが、再発のメカニズムははっきりしているため、しっかりと予防することができます。

当院では予防に重点を置いた治療を行っていますが、だからといって、必要な対症療法をないがしろにすることはありません。再発リスクを抑えた確実で安全な治療をご提案しています。歯が痛い・歯がしみるといった症状があれば、虫歯の疑いがあります。虫歯が進行する前に、お口の中に異変を感じたらお早めに当院へご相談ください。

虫歯の進行段階と治療法

進行段階 症状 治療法

C0
【ごく初期の虫歯】

C0【ごく初期の虫歯】

歯の表面のエナメル質が溶けはじめ、白く濁っている状態。まだ歯に穴はあいておらず、痛みなどの自覚症状はありません。 適切なブラッシングやフッ素塗布で治ることがあります。

C1
【エナメル質の虫歯】

C1【エナメル質の虫歯】

歯の表面のエナメル質がさらに溶け、黒ずんでいる状態。冷たいものがしみることがありますが、まだ痛みはありません。 虫歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて治療します。

C2
【象牙質の虫歯】

C2【象牙質の虫歯】

エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行した状態。冷たいものや甘いものがしみるようになり、ときどき痛むこともあります。 虫歯に冒された部分を削り、インレー(詰め物)で補います。

C3
【神経まで達した虫歯】

C3【神経まで達した虫歯】

神経まで虫歯が進行した状態。熱いものがしみるようになるほか、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。 神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、クラウン(被せ物)を被せます。

C4
【歯根まで達した虫歯】

C4【歯根まで達した虫歯】

歯の大部分が溶けてなくなり、歯根まで虫歯に冒された状態。神経が死に、痛みはなくなりますが、歯根部に膿が溜まると再び痛みが出ます。 多くの場合、抜歯が必要です。抜歯後、入れ歯やブリッジ、あるいはインプラントなどで失った歯の機能の回復を図ります。

特殊な虫歯治療

レーザー

レーザー光線を局所的に使用することで、周辺組織への負担の少ない治療が可能です。また、歯質を強くしたり、炎症を抑えたりする作用もあります。従来の治療に加えて効果的に活用することで、歯を削る量を少なくし、痛みを抑えた治療が実現できます。

※くわしくは三宅歯科医院のレーザー治療器をごらんください。

ドックズベストセメント

ドックズベストセメントは、銅イオンを活用した殺菌効果の高い薬剤です。虫歯になった歯に詰めることで虫歯菌を殺菌します。歯を削る量を少なくし、歯質や神経を残すことを主眼とした治療法です。また、無菌化することで人体のもつ自然治癒力が高まり、虫歯に冒された部分にカルシウムが補われることで、歯質の強化にもつながります。

根管治療について

歯の内部である歯髄まで虫歯が進行すると、神経や血管が入った「根管」の治療を行う必要があります。根管治療は、虫歯に侵された根管の内部組織をきれいに取り除き、内部を洗浄・殺菌、薬剤を詰めて歯を温存する処置です。一般に「神経を取る処置」と言われます。

抜歯は歯列のバランスを崩す原因になるため、できるだけ避けたいものです。そのため、虫歯に汚染された歯髄を取り除いてでも、歯の根を残す治療が重要になってくるのです。治療がしっかりと適切に行われていないと、再発する可能性があるため、慎重と正確さが求められます。

当院の根管治療で使用する器材

当院では確実な根管治療のために、次のような器材を使用しています。

ラバーダム
治療する患部のみを露出させ、お口全体をゴム製のシート(ラバーダム)で覆います。根管内への細菌の侵入を防ぐことが第一目的ですが、治療で用いる器具の誤飲防止、薬剤からの粘膜の保護にも役立ちます。
トライオート
コンピュータ制御で深さを測りながら、安全かつ精密に根管内部を拡大します。トライオートの使用によって、抜歯が必要なほど深い虫歯でも、根管治療が可能になる場合があります。
レーザー
レーザー照射によって、根管内部の汚染された歯質の蒸散が可能です。根管内部の殺菌・消毒をし、残ったタンパク質などを凝固・無菌化します。レーザーを用いることで、深く細い根管内部に対しても確実な処置が行えます。
  • ページのトップへ戻る