今何を感じている自分がいますか?

今年はなるべくヒカリんとも遊びたいのですが、ブログを書いて発信していこうとも思うのです

 

纏まったら「幸せレシピと自我の仕組み」の本を出したいと思うのです

さて、、

僕らが幸せに気づく方法は、たった1つです

「自分を知る」ことなのです

 

古代ギリシャの格言にもある「汝自身を知れ」ですね

 

知ると言っても何かの知識を得ることではなく、自分の状態に気づいていることなのです

 

僕らは本当に、自分以外のことと未来に凄くいつも関心を向けています

 

まあ、よくよく自分を観察してみてくださいね

 

いつも他人のことに目一杯関心が向いているはずです

 

パートナーのこと、職場の同僚、上司、親、隣のおばさん、友人、知人、、はては、芸能人から政治家まで、、

 

自分以外の人のことや出来事を四六時中話題にして、

 

ああでもないこうでもないと頭で判断を繰り返しながら

 

頭の中や他人とお喋りをしながら、

 

感情を沸き立たせたり、

 

持論を展開しながら批判や賞賛を続けているのです

 

しかもこれらは、僕らはいつも無意識のうちに行われているのです

 

エネルギー(意識)をいつも自分の外や未来に向けているのがわかると思います

 

喫茶店や電車の中のあるいは日常の日々の会話をよくよく聴いてみるとそういう会話ばかりです

 

あるいは、どうするのこうするのといった、興味が未来に向いている

 

次にくる未来に興味の対象がある

 

何かの楽しみに向かっている自分

 

楽しいことに向かっている自分 

 

ワクワクしている自分

 

いつの間にか、そこに囚われちゃっている

 

したいことに囚われる

 

予定していたことに囚われてしまい

 

それが思い通りにならないと、がっかりしたり、イライラしたり、怒り出したり、、

 

 

本当にしたいことをするとは、したいことの種類はなんでもいいのですね

 

したいことができなくても、そこに囚われない

 

思考に囚われないで、ワクワクしている今の自分を楽しめばいいのですね

 

真の幸せな人生とは、内なる深い充実感に、内なる平和、静寂に満たされて生きること

 

それは「外側の何処か」にあるのではなく、

 

今ここの内なる平和、内なる静寂、そこに深い充実感があり、

 

そこに本来の幸せがあります

 

でも僕ら自我は、幸せが次の瞬間、次の未来にあると思っている、

 

興味がいつも未来に向いて追い求めでいるのです

 

そうすることで、今との軋轢が起こってくる

 

これが無意識のうちに起こっている

 

次にくる未来の事に興味の対象があるのですね

 

これが自我であり、思考に囚われる理由です

 

 

思考は未来と過去にしかないからです

 

言葉という形を取らずとも、そこから感情や感覚まで引っ張り出してきます

 

どうしても到達する必要のある未来の瞬間に、無意識に目指そうとします

 

 

今日であれ明日であれ、どんな行動であれ、早く到達したいのです

 

これを欲といい

 

これが、カルマの正体です

 

無意識に始まるこの衝動が、カルマです

 

「何もしない」ということが、人間はできにくいのはそのためなのですね~

 

力を抜く、緩むというのは、「何かする」行為ではない、、状態のことですね

 

力を入れるというのは、行為であるけれども、

力を抜くというのは、Doingではない

 

どうやったら、力が抜けれるのか、ということではない

 

どう、、する、、何かをするという行為ではない

 

何もしない。。

 

思考から離れて、手放していく感覚、

 

 

 

しかし、瞑想や坐禅や内観やダイレクトパスで段々、徐々に思考から離れてくると、、

 

もしくは思考と思考の間にある静寂に気づいてくると、

 

 

深い安堵感とともに、今ここに居ることができます

 

ただあることが最高の安堵であり、何をするかが興味の対象でなくなる

 

何かに向かうワクワクや喜び、快楽ではなく

 

思考や感情から離れた今ここにある本当の歓びや深い安堵感を味わうこと場所、このスペースこそが

 

 

 

「本当の自分」なのです

 

 

 

 

 

 

これは、いい悪いは別にして、自分がどうなっているかが見えているかどうかなのですね

 

 

ふだん皆さんは、自分がどうなっているなんて考えたこともない人が多いはずです

 

 

いま、自分は悲しいのか、嬉しいのか、苦しいのか、喜んでいるのか、気持ちいいのか、不快なのか、、

 

 

実は、病気というのは、エネルギーの向け方を自分向きにしてくださいよ~というある種のお知らせなのです

 

今ここにある宇宙の、自然の摂理と反していますよ、軋轢がありますよと言うお知らせなのです

 

 

そして、医療の「医」の字の中の「矢」は、その矢→を自分の外→自分の内面(本当の自分)に向けていくことなのです。。

 

そして、真の幸せとは、こころが満たされていること

 

 

こころが何によって満たされているかというと

 

空間、今あるこの空間

 

この空間が、愛、全てを受け入れている愛

 

何だっていいよって言っている愛

 

愛とは何かというと、それは、この満たされている空間のこと

 

何も壁がないということ

 

 

僕らは、すでに満たされている、愛されている、、

 

すでに幸せ、、すでに今、今ここで幸せそのもの、、

 

僕らは本来、一つだから。。

 

 

「今何を感じている自分がいますか?」

 

 

次回は、医の本質について書こうと思います。

 

 

 

 

 

  • ページのトップへ戻る